【資格を活かせる】キャリオス1DAYを使えば1日から介護の仕事ができる

「介護の現場から離れて長いけど、短時間勤務で復帰できるのかな?」と不安に思う方もいらっしゃるでしょう。たとえ資格があっても、現場から長い間離れていると心配ですよね。そんな方には、キャリオス1DAYがおすすめです。キャリオス1DAYは、介護・看護の求職者と、募集している企業をマッチングさせるサービスです。

この記事では、キャリオス1DAYの使い方や特徴について解説します。

介護や看護の現場に短時間だけでも復帰したい方は、ぜひ最後までお読みください。

目次

\ インストールから登録まで数分で完了! /

キャリオス1DAYとは

キャリオス1DAYは、「ベネッセMCM」が2024年4月20日からサービスを提供している介護・看護のマッチングサービスです。キャリオス1DAYは、介護・看護の人材が欲しい職場と介護・看護の業界で働きたい有資格者を結びつけてくれます。

ここではキャリオス1DAYの特徴や使い方など、興味のある方にとって知りたい情報を紹介します。キャリオス1DAYについてもっと知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

キャリオス1DAYの特徴

キャリオス1DAYの特徴は「介護・看護人材を求めている職場と介護・看護の現場で働きたいひとのマッチング提供」です。介護・看護業界は人手不足なので、正社員以外で働けるひとを求めています。キャリオス1DAYは、介護や看護の有資格者限定で登録できるアプリサービスです。現在の日本には、介護や看護の資格を持っていてもフルタイムでは働けず、資格を持て余しているひとが大勢います。

キャリオス1DAYは、介護・看護人材を求めている職場と介護・看護の職場で働きたい有資格者をマッチングさせてくれます。介護・看護業界の企業と求職者の両方にとってメリットがあるので、ぜひ活用してみてください。
キャリオス1DAYの登録はこちら

人材支援サービスとの違い

キャリオス1DAYは、人材支援サービスとは異なります。人材派遣会社は求職者に対して求人の紹介をしますが、時間がかかったりお金がかかったりするのが難点です。対してキャリオス1DAYはアプリに登録すれば、最短で翌日に介護・看護の職場で働けます。働きたいひとが1日からでも働けるという、機動性の高さが魅力です。

手数料も人材派遣会社より安いので、介護や看護の資格があるひとはがんがん使っていきましょう。キャリオス1DAYと人材支援サービスの違いは、働けるまでが早いことと、アプリなので手数料が安くお手軽に使えることです。

介護・看護の資格を持つひと限定ですが、ブランクのあるひとでも使いやすいサービスですよ。

キャリオス1DAY利用にかかるコスト

キャリオス1DAYにかかるコストは、紹介手数料のみと非常に安く利用できます。初期費用は不要で、働き始める前に手数料を払う必要がありません。そのため、求職中や転職活動中で金銭的に余裕のないひとにおすすめです。初回手数料の額は、サービス利用料の30%となります。たとえばキャリオス1DAYの利用で働いたひとが日当で8,000円支給されたとすると、サービス利用料が30%で2,640円引かれることになります。

キャリオス1DAYは、お金に余裕がない求職者や転職者でも使いやすいのが特徴です。仕事探しの段階でお金がかかると就職活動にも影響が出ますが、キャリオス1DAYであれば心配ありません。ぜひお気軽に利用してください。

キャリオス1DAY利用の流れ

キャリオス1DAYを実際に利用する際は、「キャリオス1DAY」アプリをダウンロードします。アプリをダウンロードすれば、あとは画面の案内通りに必要な情報を入力するだけなので簡単です。ただ利用するには、以下の資格などを持っている必要があるので、無資格のひとは利用できません。

  • 正看護師
  • 准看護師
  • 介護福祉士
  • 介護福祉士実務者研修
  • 介護職員初任者研修
  • ホームヘルパー2級以上
  • 理学療法士ほか

キャリオス1DAYは、アプリをダウンロードして申し込みをするだけで、早ければ翌日には介護・看護の仕事に臨めるのが特徴です。仕事内容も「見守り・対話」「各種介助」「清掃・ベッドメイク」など介護や看護の基本的な業務となります。
キャリオス1DAYの詳細はこちら

キャリオス1DAYの便利な機能

キャリオス1DAYには便利な機能があります。働き手を求める企業と求職者がスムーズにマッチングできる反面、信用できるひととマッチングできるか分からないからです。キャリオス1DAYの便利な機能は以下の通りです。

  • 資格や本人確認
  • ペナルティ制度
  • 個人情報の取り扱い
  • 給料の即日払い

上記の機能について1つずつ紹介しますので、安心してキャリオス1DAYを利用したい方はぜひお読みください。

資格や本人確認

キャリオス1DAYは、応募する際に資格や本人確認があります。オンラインでの応募には、素性のはっきりしないひとが申し込んでくることもあるため、資格や本人確認をしているのです。スタッフとしてキャリオス1DAYに登録するためには、所持資格の証明書や本人確認書類を提出しなければなりません。

企業が信頼できるひとを募集するために、本人確認をしっかりしているのです。キャリオス1DAYに応募する際は、資格確認や本人確認があります。有資格者限定で信頼できるひとかどうかの見極めが難しいため、このように便利な確認機能がついていますよ。

ペナルティ制度

キャリオス1DAYにはペナルティ制度があります。オンラインで働き手と雇い手をマッチングさせるシステム上、トラブル対策がしっかりしていないと怖くて使いにくいからです。たとえば、スタッフが勤務する予定の日にドタキャンをしたり、トラブルを起こしたりしたときは、キャリオス1DAYの利用停止ペナルティが課されます。オンラインで起こりうるトラブルの抑止力としてペナルティ機能があるのです。

キャリオス1DAYを安心してご利用いただくために、問題のあるスタッフや企業にはペナルティが課されます。資格を持っていても、勤務態度に問題があるひとはサービスを利用できないようになっていますので安心です。

個人情報の取り扱い

キャリオス1DAYは、求人に応募する前に個人情報を規約に基づいて扱うよう同意を求めます。個人情報が第三者に流れてしまうかもしれないと考えると、怖くてサービスを利用できないからです。働き手も企業も、個人情報の取り扱いに細心の注意を払う必要があります。

キャリオス1DAYであれば、勤務時に必要な制約事項を守るように同意してもらいますので安心です。キャリオス1DAYであれば個人情報がしっかり守られるので、

自分の名前や住所が漏れることはありません。ぜひ信用してご利用ください。

給料の即日払い

キャリオス1DAYは給料の即日払いが可能です。1回だけ試しに利用したひとなど、すぐに給料を払ってほしいひともいますので、即日払い対応はうれしいですよね。給料の即日払いは、スタッフからの申請があった場合のみなので、通常は勤務した翌月の末払いになります。自分の働き方に応じて好きな方を選びましょう。

給料の即日払いは、勤務スタッフの希望による選択制です。

今後のサービス利用予定や、家計状況などで好きな方をお選びください。

キャリオス1DAYに関するQ&A

キャリオス1DAYはまだサービスが始まったばかりなので、まだまだ分からないことが多いでしょう。ここでは、キャリオス1DAYに関する以下3つの疑問に答えていきます。

  • アプリ内評価が気になるんだけど
  • スタッフの待遇や帳票の確認はどうするの?
  • 応募できる年齢と働く時間は?

上記の質問に回答していきますので、気になる方はぜひご覧ください。

アプリ内評価が気になるんだけど

キャリオス1DAYはスタッフの働き方について、アプリ内で評価できる仕様です。アプリ内に残せる評価コメントは、勤務した企業と実際にそこで働いたスタッフにしか公開されません。

全体公開はされませんので、今後の働き方に悪影響が出ることはありません。

スタッフの待遇や帳票の確認はどうするの?

スタッフの待遇に関しては、ご利用明細書の内容で決められます。たとえば、介護福祉士の資格があるスタッフには「介福」と記載されます。このシステムによって、初めて勤務するスタッフであっても資格の所有状況が分かります。スタッフの待遇を決める際に参考にできますよ。

帳票の確認は、アプリ上の管理画面から確認できます。ぜひご利用ください。

応募できる年齢と働く時間は?

応募可能年齢は18歳以上です。勤務時間は半日だけや3時間、16時間の夜勤など細かく選択できるようになっています。家庭や他の仕事を抱えているひとでも働きやすくなっていますよ。

キャリオス1DAYなら効率よく働ける

キャリオス1DAYについて詳しく解説してきました。キャリオス1DAYは、介護や看護の働き手を探している企業と、職場を探している働き手をマッチングさせるためのアプリです。資格を持っているひとしか使えませんが、即戦力として働けるひとであれば企業側からの需要がたくさんあります。

介護の仕事にブランクがあったり、家庭の事情などで正社員として働くのが難しいひとは、ぜひキャリオス1DAYをご利用ください。 キャリオス1DAYの登録はこちら

\ インストールから登録まで数分で完了! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Iharaのアバター Ihara 運営者

15社以上のオウンドメディア・コンテンツの企画・戦略設計の経験を持つマーケティングアナリスト。大学在籍時に中小企業診断士一次試験突破。ASO・SEOを中心に活動しており、アプリ・インフルエンサーマーケティングにも精通がある。
介護・看護職のための単発バイトメディア「カイテク・メディア」の編集長。
介護・看護職のよりどころ「ケアマガジン」の運営者。

目次