スケッターの評判は良い!特徴や登録方法を紹介!

スケッターを利用すると、専門の資格を持っていなくても介護の現場と関わることができます。介護施設には、直接介助をする以外にも多くの業務がありますが、人手不足により仕事がうまくまわっていない施設が多いです。そこで、人材不足を解消するために、ちょっとしたお手伝いを依頼できるスキルシェアサービス「スケッター」が活用されています。しかし、2019年にスタートした新しいサービスなので、評判や特徴が気になる方が多いのではないでしょうか。

この記事では、スケッターの特徴や評判、メリットを紹介します。介護現場で働いてみたいけれど資格がない方は、ぜひスケッターに登録してみてください。

目次

\ インストールから登録まで数分で完了! /

スケッターの特徴

スケッターは、介護施設での仕事を隙間時間に手軽に行えるプラットフォームです。スケッターの特徴は、以下の通りです。

  • 隙間時間に介護施設の手伝いができる
  • 未経験でも介護施設の仕事を手伝える
  • スケッターを利用すると報酬をもらえる
  • 仕事の種類が細かく分かれている

一つずつ解説していきます。

隙間時間に介護施設の手伝いができる

スケッターは、隙間時間を利用して介護施設の手伝いができます。短時間から仕事を募集しているので、無理のない範囲で続けられます。例えば、週末や仕事帰りの数時間を利用して、介護施設のサポートをしている方もいます。介護施設は食事の時間が忙しかったり、週末はパートが休むことが多いので、仕事を募集している施設が多くあります。

未経験でも介護施設の仕事を手伝える

また、介護の経験がない人でもスケッターを利用すれば、介護施設の仕事を手伝うことができます。スケッターは簡単な作業やサポート業務が中心なので、専門的な知識やスキルがなくても始められます。また、有償のボランティアなので、仕事をするよりも気軽に始めやすいです。

具体的な仕事内容は、以下のものがあります。

・掃除
・食器洗い
・配膳
・下膳
・後片付け
・見守り
・話し相手
・レクリエーション

報酬は、1時間から1時間半程度で2,000円以上もらえるので、コンビニや飲食店などに比べて高い時給で働けます。隙間時間がある方は、ぜひお手伝いをしてみてはいかがでしょうか。

スケッターを利用すると報酬をもらえる

スケッターは、有償ボランティアとして報酬を受け取れます。無料のボランティアと違い、施設の役に立ち、隙間時間に収入を得られます。無料のボランティアと違い、報酬を得ることで、モチベーションを保ちやすいです。

仕事の種類が細かく分かれている

スケッターの仕事は、種類が細かく分かれています。自分に合った作業を選ぶことで、仕事が続けやすいです。例えば、清掃や食事の準備、レクリエーションのサポートなど、様々な業務があり、

得意分野や興味があることから始めるのが良いでしょう。

スケッターの評判

次に、スケッターの評判を紹介します。実際に利用したことがある方の評価は、スケッターの利用を考えている方に参考になります。

  • 報酬をもらえるのが嬉しい
  • 入居者に喜ばれる
  • 介護施設で働くことができる

以上の3つの評判を紹介します。

報酬をもらえるのが嬉しい

実際にスケッターを利用した方からは、報酬をもらえることが嬉しいという声が多いです。短時間の作業でも報酬が得られるため、労働の対価がしっかりと感じられる点が評価されています。

入居者に喜ばれる

スケッターを利用すると、介護施設の職員だけでなく、入居者から感謝されることが多いです。介護施設の職員は仕事が多く、入居者とゆっくりと関わる時間を作りにくいですが、スケッター利用者は違います。コミュニケーションの時間を多く取れるので、入居者にも喜ばれます。

傾聴ボランティアがあるように、介護の仕事は人とコミュニケーションを取ることが重要です。

介護施設で働くことができる

スケッター利用者は、介護施設で実際に働くことができるため介護業界への理解が深まります。特に、将来的に介護職への転職を考えている人にとっては、貴重な経験になることでしょう。

スケッターを利用するメリット

ここでは、スケッターを利用するメリットを紹介します。

  • 有償のボランティアとして報酬を受け取れる
  • 利用者とゆっくり関われる
  • 施設から感謝される
  • 色んな経験を積める

スケッターを利用するメリットは、以上の4つです。一つずつ解説します。

有償のボランティアとして報酬を受け取れる

スケッターは有償ボランティアとして活動します。ボランティアと違い、仕事を依頼されるので、報酬を受け取ることができます。

隙間時間に働きたい方や、副業を考えている方におすすめのサービスです。

利用者とゆっくり関われる

スケッターは直接介助をするわけではないので、入居者とゆっくり関わる作業を募集しています。短時間のお手伝いでも、入居者と一対一の時間を持てるので絆を深められます。また、今後介護業界への転職を考えている方や学生の方は、高齢者との関わりを学ぶことができます。

施設から感謝される

スケッターを利用すると施設のスタッフから感謝されることが多いです。施設のスタッフは日々忙しいため、手伝いをしてくれるスケッター利用者の存在は非常に助かります。他にも、入居者にとっても大切な存在になります。話を聞いてくれる方が来ただけでも、入居者は「ありがとう」や「またきてね」と感謝の言葉を述べるでしょう。

色んな経験を積める

スケッターを利用すると、介護施設のさまざまな仕事を体験できます。また、実際に体験できなくても、介護施設にはどのような業務があるのかを知ることができます。実際に体験したり、見ることで知識やスキルを広げられます。

スケッターの登録方法

ここでは、スケッターの登録方法について説明します。以下の手順に従って登録を行いましょう。

1.公式サイトにアクセス
2.アカウント作成
3.プロフィール入力
4.希望する仕事の設定
5.必要書類の提出
6.応募時の必要書類の提出
7.仕事の開始

  • 公式サイトにアクセス
    まずはスケッターの公式サイトにアクセスします。
  • アカウント作成
    メールアドレスを使用してアカウントを作成します。
  • 会員情報の入力
    会員情報を入力します。名前や連絡先、保有資格などを入力します。
  • 希望する仕事の設定
    興味のあるお手伝い希望する仕事を設定します。
  • 応募時の必要書類の提出
    名前や電話番号の情報を入力して、身分証明書を提出します。
  • 事業所と訪問日を選択
    事業所と訪問日を選択して、お手伝いに応募します。
  • 仕事の開始
    応募時に感染症対策へ同意をして、応募内容の確認をしましょう。

スケッターは簡単に登録できて、高単価の仕事がすぐに見つかります。気になる方は、まずは登録を行いましょう。

スケッターを活用して気軽に福祉に関わろう!

スケッターは資格がなくても気軽に福祉に関わることができるサービスです。介護業界に興味はあるけれども、資格がないために諦めていた方におすすめで、隙間時間を利用して介護施設を手伝い、報酬を得ることができます。また、副業としても利用できるので、介護業界に興味がある方はぜひ利用してみてください。

\ インストールから登録まで数分で完了! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Iharaのアバター Ihara 運営者

15社以上のオウンドメディア・コンテンツの企画・戦略設計の経験を持つマーケティングアナリスト。大学在籍時に中小企業診断士一次試験突破。ASO・SEOを中心に活動しており、アプリ・インフルエンサーマーケティングにも精通がある。
介護・看護職のための単発バイトメディア「カイテク・メディア」の編集長。
介護・看護職のよりどころ「ケアマガジン」の運営者。

目次