【大学生歓迎】老人ホームのアルバイトで得られる貴重なもの

「老人ホームのアルバイトは未経験で資格がない大学生でもできるのでしょうか?」介護の仕事はハードルが高いと感じる方も多いですよね。

この記事では、老人ホームでの大学生アルバイトを推奨し、そのメリットとデメリットを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

老人ホームでのアルバイトに興味はあるけれども不安を感じている方は、この記事を読めば不安が解消されるでしょう。介護業務の経験を将来に活かしたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

\ インストールから登録まで数分で完了! /

老人ホームのアルバイトが大学生におすすめな理由

老人ホームのアルバイトは、大学生におすすめです。今介護業界は人手不足なので、アルバイトの需要が高まっています。老人ホームのアルバイトがおすすめな理由は以下の通りです。

  • 資格や経験がなくても働ける
  • 将来に役立つ
  • 老人ホームがアルバイトを求めている
  • 時給が高い
  • 求人サイトで勤務条件が選べる

上記の理由について順番に解説しますので、老人ホームのアルバイトに興味のある方は最後までご覧ください。
老人ホームでのアルバイト求人はこちら

資格や経験がなくても働ける

老人ホームでのアルバイトに介護の資格は不要です。介護の業務はいくつにも分かれているため、資格がなくてもできる業務であれば、アルバイトでもできますよ。たとえば、老人ホームの利用者に直接触れて介助する仕事は資格が必要になります。そういった仕事は、資格があるひとの方が事故を起こしにくいからです。しかし、事務仕事や体に触れないサポート業務であれば資格がなくても可能です。

老人ホームでのアルバイトは、無資格の大学生でもできます。資格や経験がないからといって消極的になる必要はありません。気になる方は、求人を探してみましょう。無資格・未経験でも募集している求人はありますよ。

将来に役立つ

老人ホームでのアルバイトが大学生におすすめな理由は、将来に役立つからです。老人ホームでのアルバイトを経験すると、資格取得や就職活動の前に、介護業界での現場経験を積めます。介護の現場で働いた経験があることは、介護の道に進むひとはもちろん、他の道に進むひとにも役立ちます。なぜなら、介護関連の仕事は体力やコミュニケーション能力が求められるからです。これらの能力は、どの業界でも重宝されます。

老人ホームでのアルバイト経験は、将来に役立ちます。介護業界に進みたいひとも他の道に進むひとも、介護現場での経験はアピールになるものです。ぜひ介護の現状を肌で感じて、自分の将来に活かしてください

老人ホームがアルバイトを求めている

大学生に老人ホームでのアルバイトをおすすめする理由は、老人ホーム側がアルバイトを必要としているからです。老人ホームを含む介護業界は、人手不足に悩んでいます。令和元年に厚生労働省が発表した「介護人材の確保・介護現場の革新」によると、介護分野の有効求人倍率は全国平均で3.80倍になっています。

(参照:介護人材の確保・介護現場の革新)

老人ホームも人手不足に悩み、正社員だけでは足りないのでアルバイトの需要が高まっているのです。老人ホームのアルバイトは大学生におすすめできます。人手が欲しい介護業界と、将来のために経験を積みたい大学生の両方にとって、老人ホームのアルバイトは、価値のあるものです。

時給が高い

老人ホームのアルバイトを大学生におすすめする理由4つめは、時給が高いことです。介護の仕事は負担が大きく長時間勤務なので、その分時給も高く設定されています。東京都内であれば、アルバイトの時給平均は1,000円程度ですが、老人ホームのアルバイトは1,200円以上が相場です。

夜勤の場合は夜勤手当や長時間手当が追加されるので効率よく稼げます。手当は資格や経験がなくてももらえるので、学生のうちにお金をためておきたいひとにおすすめです。老人ホームのアルバイトは時給が高いという魅力があります。老人ホームでのアルバイトに興味があるひとは、自分が働ける時間をうまく利用して、どんどん稼いでください。

求人サイトで勤務条件が選べる

大学生に老人ホームのアルバイトをおすすめする理由の5つ目は、求人サイトを見て勤務条件が選べることです。無資格で未経験の大学生にとって介護の仕事はどうしても不安になりますが、求人サイトは働く時間や勤務内容がしっかり記載されています。勤務内容が分かれば、未経験であっても仕事内容を想像できますよね。

とくに、未経験や資格がなくてもアルバイトを採用していることがちゃんと求人に記載されている会社であれば安心です。大学生に老人ホームのアルバイトがおすすめなのは、自分で働く場所の待遇を調べてから応募先を選べることです。ぜひ求人を見て、自分に合いそうな職場を選んでみてください。

老人ホームで大学生が働くメリット

老人ホームで大学生がアルバイトすることにはメリットがあります。メリットを知って働くことでアルバイトのモチベーションはさらに上がりますよ。以下が、老人ホームでアルバイトするメリットです。

  • コミュニケーション能力が身につく
  • 就職活動でアピールできる
  • 福祉の知識と経験を積める

上記のメリットについて解説していきます。ぜひ参考にしてください。

コミュニケーション能力が身につく

老人ホームでアルバイトすることのメリット1つ目は、コミュニケーション能力が身につくことです。老人ホームの利用者は、一人ひとり健康状態や年齢が違うので、それぞれに合わせた接し方が求められます。利用者の中には、介護職員にしてほしいことを自分から言ってくれるひともいますが、言い出せないひともいます。そんなときに、こちらから気を利かして声をかけてあげられれば、職員と利用者の距離は一気に縮まります。

老人ホームでアルバイトすることで、コミュニケーション能力が身につけられるのは大きなメリットです。

大学生のうちにコミュニケーション能力を身につけておけば、卒業後の進路においても大いに役立ちますよ。

就職活動でアピールできる

老人ホームで大学生がアルバイトすることのメリット2つ目は、就職活動のときにアピールできることです。アルバイトは介護以外にもたくさんありますが、介護はとくに社会への貢献度が高い職業として高評価が得られます。アルバイトの場合は電話対応や書類整理、介護の補佐など仕事の種類が多いため、その経験が就職活動のときに評価されるのです。就職してから真っ先に覚える仕事をアルバイト時代に経験しておけば、企業側からも社会人としての基礎が身についていると判断してもらえます。

老人ホームで大学生がアルバイトすることには、就職活動で役立つメリットがあります。時間のある大学生のうちに、社会貢献度の高い老人ホームでの勤務経験を積んでおけば、一生の財産として役立つことでしょう。

福祉の知識と経験を積める

老人ホームで大学生がアルバイトすることには、福祉の知識と経験を積めるメリットがあります。介護施設である老人ホームは日本の社会が今どのような課題を抱えているのか、どのような人材を求めているのかを学べる場所です。たとえば、老人ホームに入居しているひとはどのような経緯で老人ホームに入ることになったのかを知れます。老人ホームに入った経緯を知ることは、利用者に対して自分がどう向き合うのかを考えるきっかけにもなります。

老人ホームでのアルバイトは、福祉に関する知識や興味が身につくきっかけになるのです。卒業後に介護や福祉関係の仕事に就きたいと考えている学生にとっては、社会に出る前に福祉の知識と経験を身につけられますよ。

老人ホームで大学生が働くデメリット

老人ホームでアルバイトすることには、デメリットもあります。老人ホームでのアルバイトは決して楽な仕事ではありません。老人ホームで生活しているのは、自宅での生活が困難になった高齢者です。一人ひとり異なる事情をもって生きている利用者は、各自が複雑な思いを持っています。

ここでは、老人ホームでアルバイトすることのデメリットを紹介します。事前にデメリットを知っておくことで、後悔しない決断ができますよ。

責任の重い仕事を任される

老人ホームで大学生がアルバイトすることのデメリット1つ目は、責任の重い仕事を任されることです。アルバイトであっても、トラブルが起こったときは適切な対処が求められます。とくに気をつける必要があるのは、夜勤です。アルバイトであれば1人で夜勤することはないでしょうが、利用者の体調に急変があったときは先輩の指示を仰ぐなどして対処しなければなりません。

老人ホームでのアルバイトは、責任重大です。慣れないうちはやることが多くてパニックになります。それでも、「自分は社会に対して貢献している」と考えて全力で挑んでいれば、不安は自信に変わっていきますよ。

うまくいかないこともある

老人ホームでは、利用者との関係がうまくいかないこともあります。相手も人間なので、こちらの思いがすべて伝わるとは限りません。利用者のためと思ってしたことでも、毎回「ありがとう」と優しい声をかけてもらえないのが現実です。利用者の中にも老人ホームでの生活になじんでいるひとと、不満を持ちながら生活しているひとがいます。そこまで考えて利用者と向き合わなければ、こちらの一方的な気持ちを押し付けるだけになってしまいます。

老人ホームでは、マニュアル通りにいかずに悩むことも多いです。そのときは、自分1人で抱え込まずに、先輩に相談したり声のかけ方を変えたりしてみましょう。

小さな変化でも、コミュニケーションの改善につながることがあります。

大学との両立がきつい

老人ホームでのアルバイトが大変な理由は、大学との両立が難しいことです。大学生は学業が最優先なので、アルバイトは空き時間にしなければいけません。老人ホームでのアルバイトは、体力が必要です。体の接触がある介護業務を任されることはなくても、事務仕事や利用者が生活するためのサポートで体力を使います。

大学生が老人ホームで働くときは、学業と両立できるかどうかを考えてから決めましょう。求人をしっかり見て

勤務時間や勤務内容を事前に調べてから、学校と両立できそうな老人ホームを選んでください。

老人ホームのアルバイトは大学生に向いている

老人ホームで大学生がアルバイトすることは、貴重な経験となります。老人ホームでのアルバイトをおすすめする理由は以下の通りでした。

  • 資格や経験がなくても働ける
  • 将来に役立つ
  • 老人ホームがアルバイトを求めている
  • 時給が高い
  • 求人サイトで勤務条件が選べる

将来介護や福祉関係の進路を考えているひとも、そうでないひとも老人ホームでのアルバイト経験は社会から評価されます。興味のあるひとは、ぜひ自分の力を信じて挑戦してみてください。

\ インストールから登録まで数分で完了! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Iharaのアバター Ihara 運営者

15社以上のオウンドメディア・コンテンツの企画・戦略設計の経験を持つマーケティングアナリスト。大学在籍時に中小企業診断士一次試験突破。ASO・SEOを中心に活動しており、アプリ・インフルエンサーマーケティングにも精通がある。
介護・看護職のための単発バイトメディア「カイテク・メディア」の編集長。
介護・看護職のよりどころ「ケアマガジン」の運営者。

目次