【60代看護師の給料】定年後に働く看護士の待遇を解説

もうすぐ60歳ですが、60歳以降も看護師として働ける場所があるのでしょうか。給料も減るかもしれませんし…。定年が近づいている看護師の方々は、60歳を過ぎた後の収入が気になることでしょう。

この記事では、60歳以降の看護師の給料事情について探ってみます。

多くの場合、60歳以降の再雇用は嘱託職員が多いようです。給料は下がることもありますが、その分責任も軽減されることがあります。この記事を読むことで、60歳以降も看護師として働く不安が解消されるかもしれません。ぜひ最後までお読みください。

目次

\ インストールから登録まで数分で完了! /

60代看護師の給料とは

60代看護師の給料は、年収・月収・賞与などの確認が大切です。これらを確認することによって、自分が60歳以降にいくら稼げるのかがイメージできるようになるからです。ここでは以下の点について見ていきます。

  • 年収 月収
  • 賞与
  • 男女差
  • 昇給
  • 嘱託雇用

上記について給料との関係を見ていきますので、60歳以降の進路について考え中の方はぜひ参考にしてください。

年収 月収

60代看護師の年収と月収を見ていきます。年収は以下の通りです。

・60~64歳 男性…461万円 女性…484万円
・65~69歳 男性…422万円  女性…394万円

次に月収を見ていきます。月収は以下の通りです。

・60~64歳 男性…33.1万円 女性…34.5万円
・65~69歳 男性…26.6万円 女性…29.1万円

60歳以降は50~59歳の平均と比べると、年収が60万円~100万円少なくなります。月収では3万円~5万円少なくなっていますので、60代看護師は年収ダウンを覚悟しなければなりません。
出典:厚生労働省「令和4年賃金構造基本統計調査」

賞与

続いて60代看護師の賞与についても、60代前半と後半でそれぞれ紹介します。平均賞与額は以下の通りです。

・60~64歳 男性…64.0万円 女性…70.6万円
・65~69歳 男性…103.3万円 女性…44.4万円

賞与は男性が60代前半から60代後半で40万円もアップしているのに対し、女性は逆に25万円も下がっています。50代後半の看護師と比べると、男性で25万円減少し、女性は40万円減少です。月給の減少が賞与支給額にも影響しているのが分かりますね。
出典:厚生労働省「令和4年賃金構造基本統計調査」

男女差

60代看護師の男女の年収差は、60代前半で女性の方が20万円~50万円多くなります。さらに70歳以降になると女性の年収が85万円も男性の年収を上回ることになります。原因として考えられるのは、女性看護師の方が長年看護師として働いてきていることです。

60歳以降は給料の低下が避けられません。それでも20代~50代までに看護師として経験を積んできているのは女性が多いので、それが年収にも反映されています。逆に20代では男性の方が女性よりも平均年収が高いのです。これは近年男性の看護師が増えてきていることが原因になります。

昇給

60代看護師の昇給ですが、求人を見ても昇給についてははっきりしたことが書いてありません。そこで、60代前半と60代後半の平均年収を比較してみます。男女ともに60代後半になると60代前半よりも年収が40万円~90万円下がっています。出典:厚生労働省「令和4年賃金構造基本統計調査」

60代後半になると60代前半よりも、体力的な理由で働ける時間が短くなることが原因です。60代から看護師として働く場合は、非正規雇用になるので正社員のような昇給は期待できません。

もし昇給が気になるのであれば、採用の段階で確認しておくことが大切です。

嘱託雇用

60代の看護師は定年後に嘱託職員として働くひとが多いです。嘱託職員になると多くのケースで年収が下がります。そこで、嘱託職員の年収についてみていきます。嘱託職員の看護師は時給換算で1,500円~2,000円が相場です。

時給1,500円で1週間に30時間勤務したとすると、月収は20万円ほどになります。この金額は60代前半の看護師の平均月収「34.5万円」を大幅に下回る金額です。ただし嘱託職員は責任のある仕事がなくなったり、残業や休日出勤がなくなったりと労働環境は向上します。

給料を選ぶか責任の少ない仕事を選ぶかで、嘱託職員になるかどうかを決めるといいですよ。

看護師が60歳前に確認しておきたいこと

看護師として60歳以降も働く予定のひとは、どこで看護師として働くのかを考えておく必要があります。再雇用となると現状よりも待遇が悪くなることが多いので、事前に確認してから自分の進路を決めましょう。以下の4つは事前に確認しておくことが大切です。

  • 退職金の金額
  • 年金の金額
  • 60歳以降の職場
  • 求人情報の確認

1つずつ説明していきますので、60歳以降の働き方を模索中のひとはぜひ読んでみてください。

退職金の金額

看護師で60歳が近づいてきたひとは、定年を迎える前に退職金の金額を計算しておきましょう。退職金が多いか少ないかで、退職後の進路にも大きく影響するからです。退職金は勤務年数で変化します。一般的に3年以上勤めれば退職金の支給対象です。看護師の退職金相場は以下のようになります。

  • 勤続5~10年…440万円
  • 勤続10~14年…870万円
  • 勤続15~20年…1,100万円
  • 勤続20~25年…1200万円

上記のように勤続年数が長くなるほど退職金が増加するのです。自分が退職するときに勤続年数が何年になっているのかを計算して、退職金額を見積もっておきましょう。

年金の金額

看護師で60歳が近づいてきたら、年金についても確認しておきましょう。年金は20歳からの積み立てで年金支給額が決まるので、途中で払っていない期間があると減額されてしまいます。日本年金機構の発表によると、国民年金の満額は78万円です。国民年金と厚生年金の納付状況を確認できる「ねんきん定期便」「ねんきんネット」などを活用すれば、自分がもらえる年金額を調べられますよ。

60歳以降の進路を考えている看護師は、年金について調べておくことが大切です。国民年金はいくらもらえるのか、厚生年金には加入しているのか、老後のためにも事前に確認しておきましょう。

(参照:平成30年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況)

60歳以降の職場

60歳以降に介護士として働くときは、職場選びが大切です。今まで働いていた職場で再雇用してもらうのか、新しい職場を求めるのか早めに決めておかないと、働き口がなくなることがあります。日本看護協会が調査をしたところ、定年後に再雇用制度を設けている病院は85%以上です。しかし再雇用は嘱託としての再雇用なので、給料が下がります。

給料よりも現職場での再雇用をとるのか、給料がよい別の職場をとるのか選択が必要です。60歳以降に介護士として働きたいひとは、どこの職場で働くのかを早めに決めておきましょう。

自分が今働いている職場に再雇用や延長の制度があるかどうかを、総務などに教えてもらうことが大切です。

求人情報の確認

看護師が60歳になる前にしておくべきことは、求人情報の確認です。もし60歳以降に新しい職場で働きたいなら、求人情報は必ず確認しましょう。求人は「60歳以上」「看護師」などのように条件を付けて検索することが可能です。職場も介護施設や老人ホーム、クリニックなどさまざまな施設が看護師を必要としています。求人に書いていないことで疑問があったら、口コミを確認するのもいいですよ。

看護師が60歳前にするべきことは、求人の確認です。ネットで求人検索すれば、年齢や職種などの条件付きで絞り込みできます。

ぜひ自分に合った求人を見つけて、60歳からの看護師人生を実りあるものにしてください。

60代の看護師は給料以外の価値が大切

60歳以降に看護師が働く際の給料事情について見てきました。以下が60代看護師の給料事情とかかわりが深い要素でした。

  • 年収 月収
  • 賞与
  • 男女差
  • 昇給
  • 嘱託雇用

これらについて60歳になる前に今の職場ではどうなのかを確認しておくと、60歳以降の看護師人生で失敗することがなくなりますよ。この記事を参考にして、ぜひ60歳以降の看護師ライフを楽しいものにしてください。

\ インストールから登録まで数分で完了! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Iharaのアバター Ihara 運営者

15社以上のオウンドメディア・コンテンツの企画・戦略設計の経験を持つマーケティングアナリスト。大学在籍時に中小企業診断士一次試験突破。ASO・SEOを中心に活動しており、アプリ・インフルエンサーマーケティングにも精通がある。
介護・看護職のための単発バイトメディア「カイテク・メディア」の編集長。
介護・看護職のよりどころ「ケアマガジン」の運営者。

目次