【介護福祉士の勉強】覚えられないひとの悩みを徹底解決

「介護福祉士の勉強をしているけど、量が多すぎて覚えられない」と悩む方は少なくありません。分厚いテキストを読みながら勉強することは大変なことです。

この記事では、介護福祉士の試験勉強で苦労している方々に向けて、合格するための勉強法をご紹介します。

介護福祉士試験に合格するためには、自分に合った効率的な勉強方法を見つけることが重要です。覚えられないからといって諦める必要はありません。この記事を読んで、介護福祉士試験の勉強での悩みが解消されることを願います。

目次

\ インストールから登録まで数分で完了! /

介護福祉士の勉強内容が覚えられないひとに向けた効率的な勉強法

介護福祉士の勉強で内容を覚えられない方は、勉強方法が間違っている可能性があります。適切な方法で勉強しなければ、成果を得ることが難しくなります。以下に、おすすめの勉強方法を順に紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

  • テキストや問題集を1冊に絞る
  • 習慣化した勉強で徐々に覚える
  • 目標得点を6割に設定する
  • アプリを活用する
  • 過去問題を解く

それでは、順番に解説していきます。

テキストや問題集を1冊にする

テキストや問題集は1冊に絞ることをおすすめします。複数のテキストを使うと、混乱してしまうことがあります。異なるテキストでも内容はほぼ同じです。わかりやすいテキストを1冊選んで、徹底的に勉強しましょう。1冊の内容をしっかりと理解すれば、介護福祉士試験の合格点を取ることができます。

テキストを選ぶ際は、レビューや内容を確認して自分に合ったものを選びましょう。

習慣化勉強で少しずつ覚える

覚えるのが苦手な方に向いている効率的な勉強法の2つ目は、勉強習慣を身につけることです。短期間の集中勉強ではなく、習慣化することで少しずつ力をつけていきましょう。例えば、毎日1時間の勉強を習慣化すると、1ヶ月で30時間の勉強時間になります。最初はつらいかもしれませんが、慣れてくると楽になります。忙しい方でも、5分や10分でも構いませんので勉強してみましょう。

毎日少しずつ勉強する習慣を身につけることで、成長を実感できます。

6割の得点を目標にする

介護福祉士試験の勉強で覚えられない方におすすめの勉強法は、目標得点を6割に設定することです。分厚いテキストや問題集を見て「覚えられない」と感じる方が多いですが、すべてを覚える必要はありません。介護福祉士試験の合格ラインは年度によって異なりますが、平均して6割の得点で合格できます。

2023年度の介護福祉士試験では、125問中75点以上で合格でした。全分野をある程度勉強する必要がありますが、6割の得点を目指して勉強することで不安を減らすことができます。

アプリで勉強する

覚えるのが苦手な方に向いている勉強方法として、アプリの活用があります。アプリを使うことで効率的に勉強し、テキストだけでは理解できない内容も理解できることがあります。おすすめのアプリとして、「介護福祉士暗記カード+過去問解説付き」「過去問介護福祉士」があります。

これらのアプリは過去問を解き、得点結果やアドバイスを提供してくれます。正確なフィードバックを得ることで、自分の実力や課題を把握できます。覚えるのが苦手な方には

アプリを活用した勉強がおすすめです。スマートフォンがあれば、いつでもどこでも効率的な勉強ができます。

過去問を解く

「覚えるのが苦手だから、過去問を解くのはもっと後にしよう」と考えている方は多いです。しかし、過去問を解くことの目的は高得点を取ることではありません。自分がいまどれくらいできているのかを数値化し、これから何を勉強すればいいのかを知ることです。初めて過去問を解いてみると、わからないことだらけで低得点になるかもしれません。

しかし、気にする必要はありません。大切なのは、過去問で分からなかった問題をしっかり復習してひとつずつ知識と経験を増やしていくことです。過去問を解くことは、自分の実力と得意不得意を知る効果があります。

覚えるのが苦手だからと先延ばしにせず、とりあえずやってみる気持ちで挑んでみましょう。

介護福祉士の勉強を覚えられない悩みはこうやって解決しよう

介護福祉士試験の勉強をしていても覚えられない方は、どうすれば解決するのか考えてみましょう。覚えられないのにがんばって覚えようとしても、苦労に対して成果が期待できません。ここでは、覚えられない悩みの解決方法を以下のとおりに紹介します。

  • アクティブな学習をする
  • 丸暗記しない
  • 何度も復習する
  • 頻出問題を知る
  • ノートにすべてを書かない

アクティブな学習をする

アクティブな学習をすることは、できているようで実はできていないことが多いです。アクティブな勉強をするかどうかで、同じ勉強時間でも大きな差がつくことになります。アクティブな勉強とは、過去問を解いたり身近な人に学んだことを説明したりするなどのアウトプットがある勉強です。テキストをどれだけ頑張って読んでも、それだけではインプットで終わり、アクティブな勉強とは言えません。

必ずアウトプットのある勉強をしましょう。アクティブな学習をすることで、自分の実力が具体的に分かるようになります。これまでの勉強を見直して、アクティブな勉強に改善できると思う点があれば改善してみてください。

丸暗記しない

勉強をしても覚えられない人は、暗記に頼りすぎています。丸暗記に頼るのは避けるべきです。なぜなら、試験に出ないような細かいところまで暗記しようとして、記憶の限界に達するからです。例えば、暗記しなければと思ってテキストに書かれていることをすべて覚えようとする人がいます。この勉強法は、どこかで行き詰まるものです。

暗記よりも、なぜそうなるのかという背景を理解しながら自然に頭に入るように勉強しましょう。丸暗記に頼る勉強法は非効率的です。しっかりと意味を理解して覚えなくても「考えればわかる」ようにしましょう。

そのためにも、テキストや問題集はわかりやすいものを選ぶことが大切です。

何度も復習する

勉強をしても覚えられない人は、何度も繰り返し復習するようにしましょう。介護福祉士試験に合格する人は、能力に関係なく必ず何度も復習しながら勉強しています。復習を繰り返すことで、あいまいな知識もだんだん確実な知識になっていきます。1回目でよくわからないままだった部分も、2回目や3回目と繰り返し勉強すれば、しっかり理解することが可能です。

初見で理解できないからといって挫折するのは、合格の可能性を減らしています。勉強しても覚えられない人は、復習に力を入れてみましょう。テキストは、ちゃんと読めば理解できるように書かれています。

他の分野を学んだ後に戻ってきて復習すれば、理解できることも多いので、何度も復習してみてください。

頻出問題を知る

勉強しても覚えられない人は、頻出問題を知っておくことが大切です。頻出問題に絞ることで、テキストに書いてあることをすべて覚えようとして結局知識が定着していないというパターンを回避できます。頻出問題を知るためには、最新年度のテキストや問題集を1冊に絞って使うことが大切です。

テキストは、「頻出」や「重要」といった言葉が書いてあるものを選べば間違いありません。問題集も数年分を繰り返しやっていれば、同じ問題を何度も見かけるようになりますよ。

ノートにすべてを書かない

介護福祉士試験の勉強をするときに、きれいなノートを作ろうとする人が多いです。結論から言うと、きれいなノートを作る必要はありません。きれいなノートを作ることを優先すると、「ノートはできたけど頭に内容が入っていない」となってしまいます。

ノートは、テキストを読んでもわかりにくい部分をわかりやすく書き換える程度で十分です。メインの勉強はテキストで行い、つまずいた部分やわかりにくい部分はノートに書き直して確認用に使いましょう。ノートにすべてを書かないことは、暗記で苦労する人向けの勉強方法です。

ノートに書くのはあくまでテキストに書かれている内容の補助程度にとどめておきましょう。

あなたは大丈夫?|やってはいけない非効率な勉強法

介護福祉士試験の勉強をする方々の中には、非効率的な方法で学習している方もいます。しかしそのような方法では、苦労が増えるだけで合格率は上がりません。以下の勉強法をしている方は、今日から効率的な学習方法に変えてみてください。

  • 古いテキストでの学習
  • 暗記からの取り組み
  • 計画を立てずに学習する

古いテキストで勉強する

古いテキストでの学習は資格試験勉強において効率が悪いです。なぜなら、古いテキストでは制度や法律が現在と異なる場合や、現在は出題されない問題が含まれている場合があるからです。

例えば、「5年前の介護福祉士試験テキストを使用して学習している」という方は、すぐに最新版のテキストに切り替えましょう。最新版では、試験対策が行われており、レイアウトも改善されていて、より理解しやすくなっています。

古いテキストで学習している方は、必ず新しいテキストに切り替えましょう。

暗記から始める

暗記から学習を始めることも効率が悪い学習方法です。受験生の中には、「テキストを暗記しようとしていますが、なかなか覚えられず苦労しています」という方がいます。暗記から始めると、脳への負担が増大し、ある程度までしか覚えられないという限界に達します。重要なのは、細部を暗記するのではなく、全体像を理解することです。

最初にテキスト全体をざっと読んで、「大まかな内容はこんな感じだ」というイメージを持つことが重要です。暗記から学習を始めることは非効率的です。

徹底的に覚えようとするのではなく、話題の全体像やそれがどの分野に関連しているかを意識しながら学習しましょう。

計画を立てずに勉強する

資格試験の勉強を進める場合、計画を立てて学習することが重要です。計画を立てないと、何をいつまでに学習すべきかが明確になりません。おすすめの方法は、試験日までのスケジュールを逆算して計画を立てることです。

試験の半年前から学習を開始し、テキストと過去問題を3周以上復習するようにしましょう。計画を立てないと、学習の遅れが生じたり、仕事が忙しくなったりした際に対処できません。

必ず試験日までのスケジュールを逆算して計画を立てましょう。

介護福祉士の勉強は覚えられなくてもできる

介護福祉士試験の勉強が苦手な方々に向けて、効率的な学習法をご紹介しました。また、覚えるのが苦手な方でも実践できる解決法も提案しました。介護福祉士試験は出題範囲が広く、暗記だけに頼るのは効率が悪いです。計画を立てて、全体像を理解した後に暗記に取り組みましょう。きっとこれまでよりも理解が深まり、頭に定着しやすくなるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Iharaのアバター Ihara 運営者

15社以上のオウンドメディア・コンテンツの企画・戦略設計の経験を持つマーケティングアナリスト。大学在籍時に中小企業診断士一次試験突破。ASO・SEOを中心に活動しており、アプリ・インフルエンサーマーケティングにも精通がある。
介護・看護職のための単発バイトメディア「カイテク・メディア」の編集長。
介護・看護職のよりどころ「ケアマガジン」の運営者。

目次