【看護師の単発バイト】健診ってどんな仕事?業務内容やメリットデメリットを解説

看護師の単発バイトには様々な種類の仕事がありますが、その中の1つに健診ナースがあります。健診は単発バイトの中でも特に人気があり、勤務地によっては募集が出るとすぐに枠が埋まることがあります。病院勤務や介護施設とは違った働き方をする健診のバイトとは、どのような仕事なのでしょうか?

今回では、そんな人気の「健診」についての業務内容やメリット、デメリットについて詳しく解説していきます。

目次

\ インストールから登録まで数分で完了! /

健診ナースの業務内容

健診とは、健康診断や人間ドッグのことで、現在の健康状態の確認や病気の早期発見を目的としています。看護師の方が健診バイトをする時は、健診センターでの勤務が多くなります。センターによっては、巡回健診もあります。巡回健診とは、健診車で企業や自治体、学校、施設などへ行き、そこで健診を行うことです。

健診での業務内容

看護師が担当する主な業務には問診・測定・検診補助・採血検査結果のチェック、事務作業があります。

  • 問診 検診前に健診を受ける方の状態や服薬の有無などの確認、既往歴などを確認するための問診を行います。
  • 測定 身長、体重などの測定
  • 聴力測定
  • 視力測定
  • 胸囲や腹囲などの測定
  • 血圧測定 など
  • 検診補助・介助
  • 検尿
  • 心電図
  • レントゲン
  • 採血など
  • 事務作業等
  • 検査結果チェック
  • 検査結果の入力・書類作成
  • 検査予約 など

健診業務では、上記の業務を主に行いますが、

特に看護師は問診や測定業務、血圧、採血での業務、検査後の事務作業が中心になります。

健診センターの看護師の1日の流れ

単発バイトの場合、1日だけや数日、数時間のみの求人のため、採血担当や測定担当になる場合もありますが、健診センターの職員と同じ動きをする場合もあります。ここでは、健診センターの主な1日の流れをご紹介します。

単発バイトであっても、1日の流れを把握しておくことで働きやすくなります。

午前7:30~  出勤
午前8:00~  当日の受診者の確認、検査準備
午前8:30~  健診業務
午後12:00~ 休憩
午後1:00~  健診業務
午後4:00~  データ入力、書類作成
午後6:00~  退勤

出勤したら、最初に当日の検査人数や検査の種類などの確認をしておきます。この確認作業は、朝と昼食後の2回行うことでスムーズに業務をおこなうことができます。

巡回健診の場合、健診車で所定の場所へ行き、会場の設置や撤収業務をすることもあります。

健診と検診の違い

看護師の単発バイトで人気の高い健診バイトですが、同じ読み方で検診というものがあります。同じ読み方でも、その検査目的には違いがあります。ここでは、健診と検診の違いについて解説していきます。

健診とは

健診とは、健康診断などで、現在の自分の体の健康状態を確認するためのものです。企業や学校などで1年に1回行われる健康診断や、40~74歳の方を対象にした生活習慣病などの予防、早期発見を目的としている「特定健康診査」なども健診にあたります。

検診とは

特定の病気を早期発見するために行われるものが検診になります。わかりやすい所では、脳の検査をするMRIやがん検査などが検診にあたります。とくに厚生労働省では、5つのがんに対し、定期的ながん検査を受けることを推奨しており、該当年齢になると各自治体が、がん検診の実施を行っています。

検査が推奨されている5つのがんは以下になります。

  • 胃がん
  • 肺がん
  • 大腸がん
  • 乳がん
  • 子宮頸がん

【看護師の単発バイト】健診ナースのメリット

看護師の方が単発で健診ナースの仕事を選ぶメリットを解説します。

残業が少なく夜勤がない

健診センターでの勤務は、基本的に夜勤がありません。

予約の方のみの健診になるため、残業もあまりありません。そのため、単発バイトにも向いています。

精神的な負担が少ない

健診センターは治療を目的とした施設ではなく、健康状態の確認や、病気の早期発見を目的としています。そのため、病院のように重篤な病気の方や、急変の可能性の高い方などが来られることはないため、精神的な負担は少ないと言えます。

体力的なしんどさが少ない

病棟勤務のように、休む暇もないほど忙しいなどのことはなく、リネン交換や自立座位が取れない方の対応などもないため、体力的なしんどさも少なく働くことができます。

単発バイトで勤務可能なセンターが多い

健診センターでの勤務は、単発での勤務可能なところが多く、様々な年代の方が自分のライフスタイルに合わせて働きやすい職場になっています。

本業の合間に副業を検討している方にとっても、勤務しやすい職業なのではないでしょうか。

【看護師の単発バイト】健診ナースのデメリット

健診ナースの仕事にもデメリットに感じることは存在します。ここでは、健診のデメリットを解説します。

検査を受ける方にはお客様としての接遇が求められる

健診センターでは、検査を受ける方を患者さんではなく、お客様として接しなければいけません。そのため、言葉使いや態度、表情など、接客としての対応が求められます。病棟のように、患者さんとじっくりと関わる時間もないため、その時その時の対応が大切になってきます。

病棟のように長い期間関りを持つ仕事ではないため、患者さんとの関りは最低限に抑えたいと考えている方にとっては向いている仕事かもしれません。

採血技術が求められる

健診センターでの仕事は、採血や測定業務が多くなります。そのため、1日に数十人、多い時には100人近い方の採血を行うことになります。健診センターでは、予約されている方が決まっているため、時間内に全ての方の健診を行う必要があります。ですから、健診センターで勤務を希望する方は、採血の際にある程度のスピードと正確性を求められることになります。

プレッシャーに感じてしまう方にとっては、健診センターでの勤務はしんどいものになってしまいます。

病院勤務のような看護スキルを学べない

健診センターに来られる方は、現在の健康状態の確認や、病気の早期発見のために来られています。そのため、看護師の主な仕事は採血と測定業務や検査補助になります。病院勤務のような、様々な疾患に対する看護ケアはありません。

新しい看護スキルを磨く場も無いため、看護スキルの向上は臨みにくい環境です。

健診センターでの単発バイトを探すポイント

健診での単発バイトを探すポイントは、1年通して募集が出ていますが、とくに、繁忙期となる春と秋に単発での求人が増加します。健診センターでの求人は人気があり、募集が出てもすぐに応募枠が埋まってしまうことが予想されますので、求人を見つけた場合は早めに応募することをおすすめします。また、単発バイトで求められるのは即戦力です。

人材紹介や求人サイトなどからの応募の際は、これまでの看護師としての経験などを交えてアピールすることで目につきやすくなります。

看護師の資格を活かして単発バイトを探すなら「カイテク」!

看護師の資格を活かして単発バイトを探している方は、看護単発バイトアプリ「カイテク」がおすすめです。検針業務だけでなく、看護師の資格を活かして働ける単発バイトが数多くあり、自分に合った単発バイトを探せます。カイテクでは、面接や履歴書は必要ないため、本業の合間に副業を希望している方にも最適です。

働いた報酬は、最短では即日受け取ることができるため、急な出費にも安心です。単発バイトの良い所は、様々な職種での経験を積めることです。カイテクで看護師としての経験を積むことで、今以上に看護ケアへの自信が持てるようになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Iharaのアバター Ihara 運営者

15社以上のオウンドメディア・コンテンツの企画・戦略設計の経験を持つマーケティングアナリスト。大学在籍時に中小企業診断士一次試験突破。ASO・SEOを中心に活動しており、アプリ・インフルエンサーマーケティングにも精通がある。
介護・看護職のための単発バイトメディア「カイテク・メディア」の編集長。
介護・看護職のよりどころ「ケアマガジン」の運営者。

目次