介護職は変な人が多いって本当?人間関係で悩んだ時の対処方法

介護職のイメージで「変な人が多いのでは?」と思われることがあります。

  • なぜ介護職員はマイナスなイメージを持たれることがあるのでしょうか?
  • 介護職員のイメージがあまり良くないのにはどんな理由があるのでしょうか?

今回では、介護職員には変な人が多いと言われる理由と介護現場での人間関係に悩んでしまった時の対処法を解説していきます。

目次

\ インストールから登録まで数分で完了! /

看護職員は変な人が多いと思われる理由

介護職員には変な人が多いと言われる理由は何なのでしょうか?

介護職をされている人の多くは、この職業を天職だと感じ頑張っておられます。介護職には変な人が多いと言われる理由を5つ上げてみました。1つずつ詳しく解説していきたいと思います。

介護現場での経験や年齢の差で話が合わない

介護現場で働く職員は年齢や経験がバラバラで価値観や仕事の進め方などに違いが生まれてしまうことがあります。

新卒で入社した独身者や子育て世代、経験豊富な中高年や全く違う職種からの転職者やシニア世代など、介護職員の世代や経験は様々です。ですから、価値観の違いや仕事への姿勢、考え方の違いなどからトラブルに発展してしまうことがあります。

話が通じず「介護職には変な人が多い」と感じてしまうことがあります。

多忙な業務に追われて気持ちにゆとりがない

介護職は人手不足もあり、1人ひとりの業務内容が多忙で疲労が蓄積し、気持ちに余裕が持てなくなることがあります。

近年では特に、コロナ禍の影響で職員や利用者の健康管理、消毒、罹患した方の隔離や感染防止のための措置や介助などでいつも以上に業務は多忙を極めました。また、職員の感染などで人手不足も深刻な問題となりますます気持ちのゆとりが持てない状況になってしまいました。

そんな状況が続き、精神的にも身体的にも疲労が溜まってしまい、些細なことでイライラしたり、キツい言い方をしてしまったり、横柄な態度に見える行動を取ってしまったりすることで「変わった人」「すぐに怒る人」などの印象が残り、悪いイメージに繋がってしまいました。

関わる人数が多いので人間関係に苦労する

介護職では、仕事上で関わる人数が多く、職員や利用者、その家族、ケアマネージャーや看護師等様々な人たちと関わっていかなければいけません。多くの人と関りを持つということはそれだけ気を使い、精神的な負担を感じることがあります。

特に介護士や看護師には気の強い人が多いと言われているので、話をする時に神経を使ってしまい介護業界への印象が悪くなってしまったということがあります。

人手不足によるストレス

介護業界では常に人手不足が問題になっています。人手が少ないと、残業が増えたり、ちゃんと休憩が取れなかったりすることもあります。新しく入職してきても、人手不足が原因でしっかりとした教育ができず、不安なまま業務に就くことになってしまう方もおられます。

教える方も教わる方もストレスが溜まってしまい、悪循環になってしまう環境があります。

ニュースなどで印象が悪い

ニュースなどで、高齢者虐待や施設職員のひき逃げ事故などを見ると「介護職員ってあんな人ばかりなの?」と不安になってしまいます。ですが、ニュースで取り上げられる事件などに出てくるような人はごく一部です。

多くの介護職員は、仕事に誇りを持って働いておられます。ですが、中には態度や話し方、介助の仕方が「虐待にあたるのでは?」と思わせるような職員もいます。そんな現場を見つけた時は、すぐに上司や他の職員に伝えるようにして下さい。

介護職員の離職理由は人間関係での悩み

介護職員の離職理由で多いのが、人間関係での悩みです。介護現場では、気の強い職員が多い傾向にあり、忙しい時やトラブル発生時など、強い口調で指示や注意ををされることがよくあります。まだ働き始めたばかりの人や気の弱い人に取っては、とても辛い状況です。人間関係でのトラブルは大きなストレスの原因になります。

業務が忙し過ぎて離職を考える方より、それに伴う人間関係での悩みで離職を考える方が多いようです。

介護現場で人間関係に悩んだ時の対処法

希望を持って介護業界に就職したものの、人間関係でのストレスで悩んでしまうことはよくあります。

介護現場で人間関係に悩んでしまった時にはどのような対処法と取れば良いのでしょうか?

ここでは、介護現場での人間関係に悩んだ時の対処法をご紹介します。

上司や同僚に相談する

人間関係に限らず、介護現場で悩みがある時は上司や指導係、同僚などに相談するようにして下さい。1人で抱え込んでしまいストレスを溜めミスをするよりも、誰かに相談することで解決の糸口が見つかります。

同じような悩みを抱えている職員もいるかと思うので、1人で上司に相談しにくい時は同じ悩みを抱えている職員と一緒に相談しに行きましょう。

気が強い介護士には仕事の悩みを相談する

介護職には気の強いベテラン介護士の方がいるかと思います。普段は怖い存在に感じますが、そういう介護士こそ人に頼られると誰よりも親身になって相談にのってくれます。

頼ることによって、その介護士からも可愛がられるようになり業務もこなしやすくなります。

職場で感性の合う人を見つける

介護職に限らず、新しく働きだした職場では緊張してしまいなかなか職場に馴染めないこともあるかと思います。ですが、職場には色々な考えや思いを持った人たちが働いています。その中に、趣味が合う人や同じ芸能人が好きな人や年代が違っても共通の話題ができる人が必ずいます。

仕事の合間に他愛もない話をできる仲間ができれば、職場に行くのも楽しくなります。

仕事に打ち込みスキルを上げる

介護職は経験を積むことで、キャリアアップできる仕事です。仕事に打ち込み、スキルを上げていくことで誰にも文句を言われなくなります。介護での業務内容は同じであっても、その介助は1人ひとりの利用者に合わせて介助する必要があります。1人ひとりに合わせた介助をするためには、人を観察する能力が必要になります。

仕事に打ち込み、スキルを上げることでキャリアップしていけます。

どうしても我慢できない時は転職も視野に入れる

今の職場にどうしても我慢が出来ない時は、転職することも視野にいれるべきです。

職場での悩みを上司に相談しても、なんの対処もしてくれない場合や施設内で虐めや虐待があるのに施設側は全く対処してくれない場合などは我慢せずに転職を考えることをおすすめします。

単発バイトアプリ「カイテク」なら沢山の施設を経験できる

カイテクは介護看護専門の単発バイトアプリです。介護には様々な事業所や施設があり、それぞれ業務内容も変わってきます。

カイテクでは老健やデイサービス、特養など様々な施設での仕事が掲載されています。主な仕事内容としては、送迎のお手伝い・見守り、対話・レクリエーション・食事介助・入浴介助・トイレ介助などです。シフト制での仕事ではないため、自分の空いている時間や曜日を有効活用できます。

転職前に沢山の施設を経験し、自分に合った業務形態を探すこともできますし、副業として単発で働くこともできます。働いた報酬は最短で即日受け取ることもできるので、急な出費にも対応できます。面接や履歴書も必要なく、煩わしい電話連絡もありません。

介護関連の資格や看護師の資格をお持ちの方は一度登録してみてはいかがでしょうか。

\ インストールから登録まで数分で完了! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Iharaのアバター Ihara 運営者

15社以上のオウンドメディア・コンテンツの企画・戦略設計の経験を持つマーケティングアナリスト。大学在籍時に中小企業診断士一次試験突破。ASO・SEOを中心に活動しており、アプリ・インフルエンサーマーケティングにも精通がある。
介護・看護職のための単発バイトメディア「カイテク・メディア」の編集長。
介護・看護職のよりどころ「ケアマガジン」の運営者。

目次