検診センターで働く看護師の口コミは?

検診センターへの転職を考えている方々は、現在勤務している看護師の口コミが気になることでしょう。

この記事では、検診センターで働く看護師の口コミやメリット・デメリットを紹介いたします。

結論から申し上げますと、規則的な勤務と夜勤がない職場を探している看護師の方々にとって、検診センターはおすすめの職場と言えます。

目次

\ インストールから登録まで数分で完了! /

検診センターで働く看護師の良い口コミ

はじめに検診センターで働く看護師の良い口コミを紹介します。良い口コミは下記の内容が多くありました。

  • 夜勤がない
  • 落ち着いた環境で働ける
  • 予防医療のスキルアップができる

一つずつ紹介します。

夜勤がない

はじめに紹介する良い口コミは、夜勤がないことです。多くの看護師が検診センターでの勤務を選ぶ理由は、夜勤がないことです。病棟看護師を経験した方は、不規則な勤務形態なため、健康な生活を送りにくいです。また、 生活リズムが決まっているため、

一般的な病院勤務と比較して、体力的な負担が少なく、精神的な負担も軽減されます。

落ち着いた環境で働ける

検診センターは急患や特変が起こる可能性が低いので、病院ほど忙しくなく、比較的落ち着いた環境で仕事ができます。また、主な仕事は予定された検診なので、計画的に業務を進められます。あらかじめ業務内容が決められているので、精神的なストレスを減少させられます。

予防医療のスキルアップができる

検診センターで働くと、予防医療に関する知識とスキルを深められます。定期的に健康診断や予防接種など予防医療の最前線で働けるメリットがあります。

将来保健指導や保健師になりたいのであれば、検診センターで働くのが良いでしょう。

検診センターで働く看護師の悪い口コミ

反対に検診センターで働く看護師の悪い口コミは、下記の通りです。

  • 単調な業務が多い
  • キャリアアップが難しい
  • 専門性なスキルを活かせない

一つずつ紹介します。

単調な業務が多い

検診センターの業務は、繰り返し同じ内容になりがちで、一部の看護師は単調に感じてしまいます。特に、病棟看護師から転職した場合は、刺激が少なくなってしまいます。決められた仕事だけを行うのが苦手な方は、検診センターの看護師は合わないかもしれません。

キャリアアップが難しい

将来の看護師としてのビジョンを考えている方には、検診センターの仕事は合わないことでしょう。残念ながら、検診センターで働いていても臨床現場や救急対応などを経験するのは難しいです。

病棟でのキャリアアップを考えている看護師の場合は、検診センターへの転職はおすすめしません。

専門性なスキルを活かせない

すでに高度な専門スキルを持つ看護師にとっても、検診センターの仕事は退屈に感じてしまうかもしれません。検診センターの業務は基本的な健診が中心で、特定の高度医療技術を必要とする場面が少ないです。前職で手術室で勤務していた看護師やICUや救急外来などにいた場合、自身の能力を活かせる環境に移りたくなることでしょう。

検診センターで働く看護師のメリット

ここからは、検診センターで働く看護師のメリットを紹介します。検診センターで働く看護師のメリットは、下記の3つです。

  • プライベートを充実させられる
  • 健康管理に役立つ
  • 精神的な負担が少ない

一つずつ紹介します。

プライベートを充実させられる

検診センターで働くと、プライベートを充実させられます。その理由は、夜勤がなく定時で終わることが多いため、予定を組みやすいからです。以前病棟で勤務していた場合は、残業があったり、急患の対応があったり、早番勤務があったりなど不規則な生活になることが多かったかと思います。検診センターで働くと、規則正しい勤務時間なので、趣味や家族との時間を大切にできます。

健康管理に役立つ

検診センターは、健康に関する最新の情報に触れることができます。自分自身だけでなく、家族の健康管理に役立ちます。病棟で勤務していたときとは違い、栄養や運動に関する知識を深めやすいです。そのため、実生活に応用することで、生活の質を高められるでしょう。

精神的な負担が少ない

検診センターは、あらかじめ決められた業務を行います。事前に健診を受ける人数や業務内容が決められているので、突発的な出来事がなく、精神的な負担が軽減されます。 他の医療施設と比較して、予期せぬ状況に対応することが格段に少ないので、精神的に安定して働ける職場です。

検診センターで働く看護師のデメリット

反対に検診センターで働くデメリットを紹介します。検診センターで働く看護師のデメリットは、下記の3つです。

  • 看護技術が向上しない
  • 仕事にやりがいが感じにくい
  • 患者との関わりが少ない

一つずつ紹介します。

看護技術が向上しない

検診センターで働くと、残念ながら看護技術の向上は望めません。日常的に多様な医療技術を使う機会が少ないです。検診センターでは、主に採血をすることが多いので、緊急手当てや高度な医療処置を行いません。技術的な成長を望むのであれば、検診センターではなく、病棟看護師で働くのが良いでしょう。

仕事にやりがいが感じにくい

他にも、単調な仕事が多く、決められた業務が多いため、やりがいを感じにくいです。新たな刺激や学びの機会が限られているので、最先端の医療を提供したい看護師の場合はおすすめできません。長期間同じ位置での採血や健康指導に留まることが多く、変化が少ないです。

患者との関わりが少ない

検診センターでは、患者と関わる機会が限られています。検診は短時間で終わるため、患者とじっくり向き合う時間はありません。また、ほとんどの患者が健康なため、治療を受ける人もいないです。患者と関わることが好きな看護師にとっては、物足りない環境になってしまうでしょう。

検診センターの求人の見つけ方

ここでは、検診センターの求人の見つけ方を紹介します。

  • 転職サイトに登録をする
  • マッチングサイトに登録をする

上記の2つが検診センターの求人を見つける方法です。

転職サイトに登録をする

1つ目は、転職サイトに登録をして検診センターへ転職する方法です。転職サイトに登録すると、地域や職種別に細かく求人情報を検索できます。看護師の転職サイトは、「マイナビ看護師」や「ナース人材バンク」などさまざまなものがあります。複数の転職サイトに登録をして、自分自身の条件にあった求人を見つけてください。

マイナビ看護師:https://kango.mynavi.jp/
ナース人材バンク:https://www.nursejinzaibank.com/

マッチングサイトに登録をする

2つ目は、マッチングサイトを利用して、検診センターの求人を見つける方法です。例えば、「カイテク」を利用すると単発バイトを探せます。検診センターは、人によって向き不向きがあるので、まずは単発バイトで働くのがおすすめです。検診センターで働いてみたい方は、マッチングサイトに登録をしてみましょう。

カイテク:https://caitech.co.jp/

カイテクは面接なし・給与即金の看護単発バイトアプリです。

現在、100,000人以上の介護士、看護師など看護の有資格者が登録

  • 面倒な手続き不要:面接・履歴書なし!
  • 給与は最短当日にGET:アプリで申請・口座に振込!
  • 転職にも利用できる:実際に働いて相性を確認!
  • 専門職としてスキルアップ:様々なサービス種類を経験!

\ インストールから登録まで数分で完了! /

検診センターは魅力のある職場

検診センターは、「落ち着いた勤務環境」と「規則正しい勤務時間」なので、多くの看護師にとって魅力のある職場です。しかし、人によっては仕事内容が物足りなく感じてしまいます。そのため、検診センターに転職する前に、自分のキャリア目標や働き方を考えてみましょう。また、検診センターが気になる方は、一度単発バイトから始めてみることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Iharaのアバター Ihara 運営者

15社以上のオウンドメディア・コンテンツの企画・戦略設計の経験を持つマーケティングアナリスト。大学在籍時に中小企業診断士一次試験突破。ASO・SEOを中心に活動しており、アプリ・インフルエンサーマーケティングにも精通がある。
介護・看護職のための単発バイトメディア「カイテク・メディア」の編集長。
介護・看護職のよりどころ「ケアマガジン」の運営者。

目次