スケッターの評判はいい?サービス内容と利用者の声を紹介

「スケッターって簡単に始められるらしいけど評判はどうなんだろう?」介護業界で働きたいひとであれば、スケッターの評判が気になりますよね。

この記事では、スケッターの使い方や特徴と利用者からの評判を紹介します。

スケッターは、介護施設と介護で働きたいひとをマッチングさせてくれるサービスです。この記事を読めば、スケッターに関する不明点が解決しますよ。介護現場に興味がありながら、なかなか一歩が踏み出せないひとはぜひ最後までお読みください。

目次

\ インストールから登録まで数分で完了! /

スケッターとは?

スケッターは、働き手を求めている介護施設と働きたいひとを結びつけるマッチングサービスです。ここでは、スケッターについて以下の通りに解説していきます。

  • 介護のマッチングサービス
  • スケッター利用の流れ
  • スケッターが目指すもの
  • スケッターの仕事内容
  • スケッターで得られるもの

上記の5つがスケッターの解説です。介護施設と介護の仕事を探しているひとの両方にとって有益な内容なので、詳しく説明していきます。ぜひ最後までご覧ください。

登録はこちらから

介護のマッチングサービス

スケッターの役割は、人手不足に悩む介護施設と、お手軽に介護現場で働きたいひとをくっつけるためのマッチングサービスです。介護というと専門性の高いイメージがありますが、必ずしも専門性が必要なわけではありません。たとえば、介護施設の利用者に体を接触しない業務であれば、介護関連の資格は必要ないのです。たとえば、施設内の掃除や入居者の話し相手などであれば無資格でもできます。介護施設は無資格でも貢献できる業務が多いのです。

スケッターは、働き手の欲しい介護施設と、介護現場で働きたいひと両方の需要を満たせるサービスです。介護施設と介護関係の求職者の両方が利用できますので、ぜひ登録から始めてみてください。

登録はこちらから

スケッター利用の流れ

スケッター利用の流れは、非常に簡単です。公式サイトからメールアドレスで登録した後は、以下の流れで利用できます。

  • 興味のある案件を「案件一覧」から選択する
  • 働ける日程を選択して応募する
  • 介護施設から承諾通知が来るのを待つ
  • 勤務日当日に施設へ行き、業務を遂行する
  • 案件が終わったらコメントやレビューを書く(任意)

上記の流れでスケッターを利用可能です。履歴書や面接なども必要ないので、働けるまでが早いというメリットがあります。まずは自分にできそうな案件から始めてみるといいですよ。

登録はこちらから

スケッターが目指すもの

スケッターが目指すものは、介護人材が十分に確保できる未来です。今の介護業界は人手不足が続いているため、人材確保のために多くの企業が苦労しています。具体的には、2025年に国内の介護職員が38万人不足すると言われているのです。介護職員の不足はこれまでもずっと言われていましたが、対策を立てられないまま年月が過ぎていました。

スケッターは、介護職員不足の問題を解決できるサービスです。介護施設は資格を持った専門家以外にも多くの人材を必要としています。人手不足を解消するためには、資格がなくてもやる気のあるひとを積極的に採用していく必要があるのです。介護業界で働きたい方は、お気軽にスケッターをご利用ください。

スケッターの仕事内容

スケッターで紹介している仕事内容は非常に種類が多いという特徴があります。2019年2月末に公開した試験運用でも反響が大きく、2024年現在では400種類以上のお仕事が紹介されてきました。紹介してきた仕事の一例は以下の通りです。

・散歩への同行
・季節行事の手伝い
・料理の手伝い
・採用ページ作成
・カードゲーム
・マジック
・楽器演奏

上記を見てもらえば分かりますが、介護福祉士の資格がなくてもできる仕事が豊富です。

スケッターは、アルバイトやダブルワークですき間時間に働きたい方にピッタリなサービスとなります。

スケッターで得られるもの

スケッターで介護施設や労働者が得られるものは、貴重な経験です。スケッターは介護のハードルを下げることで多くのひとが介護業界で働けるようにしてくれます。スケッターは施設と労働者の両方に以下3つを提供しているのです。

  • 介護に関心を持つひととの接点
  • 他業界のリソースを活用した職員の負担軽減
  • 介護施設のブランディング

上記3つを提供することで、介護業界は人材不足を解消できます。他業界の人材を介護に役立ててもらうことは、現場の介護職員負担を減らせます。また多くのひとが働くことで介護施設のブランディングも可能です。スケッターが提供するものは、介護業界の未来を変えることにつながる貴重な経験となります。

スケッター利用者からの評判

ここでは、スケッターを利用して介護施設で働いたことのあるひとの体験談を紹介します。実際に働いたことがあるひとの思いを聞くことで、これからスケッターを利用しようと考えている方の参考になるものです。

今回スケッターの評判を紹介するのは3名です。それぞれ本人が経験したことや感想をまとめた形で紹介します。スケッターを使って介護施設で働いてみようかどうか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

利用者の声1

1人目の利用者は、自宅介護を受けるひとのもとへスタッフと同行して生活を支援していました。お弁当の配達や洗濯物をたたむ、体調の確認をするなどです。こちらの利用者はスケッターの利用が2回目となります。在宅介護を受けているひとは、スタッフの声掛けや気遣いによって支えられているのだと実感していました。

訪問介護は家での生活に直接関わるため、要介護者にとってありふれた日常を守ることが大切なのだと感想を述べています。そして最後に、スタッフや会社への感謝を述べておられました。スケッターで働いたことが大きな経験になったのですね。

全文はこちら

利用者の声2

2人目の利用者は、現役大学生の方です。東京にある介護施設「ハートランド・エミシア久我山」で取材の仕事を経験しました。この施設は、利用者の生活サポートとともに愛犬を世話してくれる施設です。山崎社長は「犬や猫を飼っている方々が、施設入居でペットを手放したくない」という思いに応えるために施設を始めました。また、今の介護職員は50代から60代と高齢化しているため、若いひとにも興味を持ってもらえるようにさまざまな取り組みをしているということです。愛犬と一緒に入居できる取り組みもその一環となります。

ハートランド・エミシアを取材した利用者も山崎社長の方針を知って、制約だらけになった介護業界がまた思いやりを取り戻していると感じていました。

全文はこちら

利用者の声3

3人目の利用者は、キャビンアテンダント(CA)になりたかったものの新型コロナウイルス感染拡大の影響で航空会社に就職できず、名古屋の老人ホーム「結の樹」に就職した矢野瑠花(るか)さんです。瑠花さんは社長の丸山隼人さんから「3年間ここで働いて、介護福祉士の資格を取ってからCAを目指してみては」とすすめてもらい、結の樹で働くことを決めました。

丸山さんの思いは、「ひととの関わりである介護の仕事は、CAを目指すひとにも役立つことがある」というものでした。なぜなら、介護士には「体力」「精神力」「理解力」が必要だからです。その思いを受けて、瑠花さんは自分を向上させた後にCAを目指そうと前向きな気持ちになったと言います。

全文はこちら

スケッターは介護業界の働き方を変えるサービス

スケッターは、介護施設と介護現場で働きたいひとをつなげることを目的としたサービスだと説明してきました。以下が、スケッターに関する解説となります。

  • 介護のマッチングサービス
  • スケッター利用の流れ
  • スケッターが目指すもの
  • スケッターの仕事内容
  • スケッターで得られるもの

スケッターはこれからの介護業界で起こる人手不足を解決できるサービスです。利用者からの評判も良く、介護未経験者でも介護現場で働けるきっかけとなります。

この記事を読んでスケッターに興味がわいた方は、ぜひ登録から始めてみてください。

登録はこちらから

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Iharaのアバター Ihara 運営者

15社以上のオウンドメディア・コンテンツの企画・戦略設計の経験を持つマーケティングアナリスト。大学在籍時に中小企業診断士一次試験突破。ASO・SEOを中心に活動しており、アプリ・インフルエンサーマーケティングにも精通がある。
介護・看護職のための単発バイトメディア「カイテク・メディア」の編集長。
介護・看護職のよりどころ「ケアマガジン」の運営者。

目次