介護福祉士過去問は無料アプリで万全の対策を立てよう

「参考書で介護福祉士試験の勉強をしているけど、頭に入らない」。介護福祉士試験合格を目指して勉強しているのに効果が実感できないと不安になりますよね。そのようなひとには過去問アプリがおすすめです。

この記事では、介護福祉士試験対策としておすすめの無料アプリを4つ紹介します。

以下がおすすめの無料アプリです。

  • 過去問介護福祉士2025 
  • 介護福祉士暗記カード+過去問徹底対策
  • 介護福祉士 聴くだけアプリ
  • 介護福祉士1,000問

上記の無料アプリを使えば、参考書で限界を感じていた人でももっと効率の良い勉強ができます。勉強法を変えて介護福祉士試験の合格率を上げたいひとは、ぜひ最後までお読みください。

目次

\ インストールから登録まで数分で完了! /

介護福祉士試験の過去問におすすめのアプリ4選

介護福祉士試験の過去問にはアプリがおすすめです。アプリであれば紙の参考書とは違い、自分の実力や過去の点数を記録して効率的に勉強できます。たとえば、自分が解いた過去問の正答率を記録して苦手分野を洗い出せるアプリなどです。短時間での勉強にも向いていますので、時間がない方でも着実に実力をつけられます。

介護福祉試験の勉強にはアプリがおすすめです。以下でおすすめのアプリを4つ紹介していきますので、ぜひ見ていってください。

過去問介護福祉士2025 

過去問介護福祉士2025は、無料で使用できるのが特徴の過去問アプリです。過去問は2023年1月分まで掲載されています。「とりあえずアプリがどんな感じなのか知りたい」といった方は無料版から始めるのがおすすめです。無料版は途中で広告が入る場面があります。広告にストレスを感じる方は、有料版を検討しましょう。ただレビューを見ていると、無料版で合格したひとも多いです。過去問介護福祉士は、苦手分野や丁寧な解説で分かりやすいアプリです。

無料版でも十分に合格できますので、アプリでの勉強を試してみたいひとに向いています。

介護福祉士暗記カード+過去問徹底対策

『介護福祉士暗記カード+過去問徹底対策』は、暗記カードをリスト化できるので、得意不得意をひと目でわかるようにカスタマイズできるのが特徴です。介護福祉士試験は、範囲が広いので自分がどこまで理解できているのか把握できなくなることがあります。このアプリはそのような方にピッタリです。

カラー付箋を付けられる機能もあり、赤青黄の3色から自由に選んで付箋を付けられます。得意分野と不得意分野で色分けしたり、不正解だった過去問だけ付箋を貼ったりと、自分なりの使い方が可能です。

『介護福祉士暗記カード+過去問徹底対策』は、カスタマイズ性が高いので、必要な部分だけに絞って勉強できます。

過去問も10年分以上と豊富なので、これひとつで万全の対策を立てられますよ。

介護福祉士 聴くだけアプリ

『介護福祉士 聴くだけアプリ』は、過去8年分の過去問を一問一答形式で解けるように作られたアプリです。まちがえた問題をリスト化して、後で再挑戦することもできるので同じ問題を繰り返し解いて苦手を克服するのに使えます。また、科目別に習熟度をデータ化できる機能もありますので、課題がわかりやすくなっています。苦手科目を重点的に勉強することもでき、全体からランダムで問題を作成して実力を測ることも可能です。

『介護福祉士 聴くだけアプリ』は、一問一答形式ですき間時間にさっと勉強できるようになっています。忙しい方や、わからないところだけを重点的に勉強したいひとにとっては非常に便利なアプリです。

まとまった勉強時間が取れない方は、ぜひお試しください。

介護福祉士1,000問

『介護福祉士1,000問』は、これまでに出題された介護福祉士試験の過去問を1,000問収録したアプリです。過去問1,000問をランダムに解けますので、どのような問題が出題されても対応できるようになります。『介護福祉士1,000問』は出題形式を選べるので、効率的な勉強が可能です。

分野ごとに過去問を解く、まちがえた問題だけを再挑戦するなどして勉強方法を工夫してみるといいですよ。『介護福祉士1,000問』は、過去問を1,000問組み合わせて多くの問題に触れられるメリットがあります。

苦手な分野だけで問題を構成することや、過去問の挑戦回数、正答率を記録することもでき、

合格に向けて必要な勉強だけに集中して取り組めるのが特徴です。

合格するために大切なポイントを知ろう

介護福祉士試験に合格するためには、大切なポイントがあります。以下の4点を意識して勉強すると、合格率が上がりますよ。

  • すき間時間を使う
  • 過去問を繰り返し勉強する
  • 試験の特徴を知る
  • 合格に必要な勉強時間を知る

ひとつずつ紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

すき間時間を使う

すき間時間を使って勉強することは、合格するための重要なポイントです。最近はスマホの動画やアプリが充実しているので、5分10分といった短い時間でも勉強できます。たとえば、電車やバスに乗っている時間にアプリで1問だけ問題を解いたり、ちょっとした待ち時間に暗記カードをのぞいたりしてコツコツと勉強可能です。

「たったそれだけで効果があるの」と思う方もいるでしょうが、短時間でも継続して勉強すれば、大きな力になって合格に大きく近づけます。すき間時間を使って勉強することは、合格に近づくための大切なポイントです。

事前にすき間時間でやることのリストを作っておけば、実際にすき間時間ができたときに「何をしようかな」と悩むこともなくなりますよ。

過去問を繰り返し勉強する

過去問を繰り返し解くことは、合格するために必要な試験対策です。勉強を始めたばかりでまだ自信がない方でも問題ありません。過去問を解くことで、試験の出題形式や頻出問題を把握できます。過去問は、高得点を取ることが目的ではありません。

過去問に取り組むことで、自分が現時点でどれくらい理解しているのか、苦手分野はどこなのかを明確にすることが目的です。過去問を繰り返し勉強することは、合格するために欠かせません。現時点での理解度を明確にするために過去問を活用することが目的です。

過去問を解くことで、普段の勉強だけではわからなかった自分の理解度をはっきりと把握できるようになりますよ。

試験の特徴を知る

介護福祉士試験の特徴を知ることで、合格率は大幅にアップできます。試験の特徴を知ることで、どのような対策を立てればいいのかが明確になるからです。たとえば、問題がどのような出題形式なのか、問われやすい部分はどこなのかといった特徴を知ることが合格率アップのためには大切です。試験問題だけでなく、試験時間や試験会場などについても調べておけばより万全の対策になるでしょう。

介護福祉士試験の特徴を知っておくことは、合格率を上げるために重要なポイントです。まずは過去問を解いて、試験本番の感覚をつかんでおくといいですよ。

合格に必要な勉強時間を知る

合格するために必要な勉強時間を見積もることは、試験本番までのスケジュールを作るために役立ちます。1から順番に勉強するだけだと試験が迫ってから時間が足りなくなるので、必要な勉強時間は事前に定めておきましょう。学生であれば、毎日3時間以上の勉強時間を確保することもできますが、社会人の場合は時間が取れないひとも多いです。

まずは自分が平日と休日でどれくらい勉強時間を確保できるかを参考にしましょう。合格に必要な勉強時間を知って、そこから自分が日々の勉強に割ける時間を考えることは重要です。計画的な勉強をして、ぜひ介護福祉士試験に合格してみてください。

無料アプリを活用して介護福祉士試験合格を目指そう

介護福祉士試験に合格するためには、無料アプリが便利であることを解説してきました。以下がおすすめのアプリです。

  • 過去問介護福祉士2025 
  • 介護福祉士暗記カード+過去問徹底対策
  • 介護福祉士 聴くだけアプリ
  • 介護福祉士1,000問

上記のアプリは、過去問に挑戦できることに加えて、不得意分野の洗い出しや不正解問題のリスト作成などができます。これらの機能を使って、介護福祉士試験合格を狙ってください。また、介護福祉士試験合格のために大切なポイントも紹介しましたので、試験勉強をする際の参考にしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Iharaのアバター Ihara 運営者

15社以上のオウンドメディア・コンテンツの企画・戦略設計の経験を持つマーケティングアナリスト。大学在籍時に中小企業診断士一次試験突破。ASO・SEOを中心に活動しており、アプリ・インフルエンサーマーケティングにも精通がある。
介護・看護職のための単発バイトメディア「カイテク・メディア」の編集長。
介護・看護職のよりどころ「ケアマガジン」の運営者。

目次