2024年版 介護福祉士試験に合格できる参考書ランキング7選

「介護福祉試験を受験したいけど、働きながらでも合格できるの?」と資格試験を受験する際は、不安が尽きませんよね。

この記事では、働きながら介護福祉試験に合格したい方に向けて、おすすめの参考書ランキングを紹介します。

各参考書の特徴について詳しく解説していくので、自分に合ったものを見つけることが可能です。自分に合った参考書でしっかり対策し、介護福祉試験に合格したい方は、ぜひ最後までお読みください。

目次

\ インストールから登録まで数分で完了! /

介護福祉士試験|合格のための参考書ランキング7選

介護福祉試験対策の参考書はたくさんありますので、どれを選べばいいのか混乱することが多いです。そこで、おすすめの参考書7選を紹介していきます。参考書それぞれの特徴を解説しますので、自分に合った参考書を選ぶ際の参考にしてみてください。

見て覚える!介護福祉士国試ナビ 2024/いとう総研資格取得支援センター

『見て覚える!介護福祉士国試ナビ 2024』の特徴は、図解やイラストを用いてわかりやすく解説していることです。中身は試験範囲の「4領域74単元」に分かれており、分野ごとに学習できるようになっています。

過去問を分析して作られた練習問題もありますので、学習した後に問題を解いて習熟度を確認できるのがメリットです。

クエスチョン・バンク介護福祉士国家試験問題解説2023ー24

『介護福祉士国家試験問題解説2023-2024』は、基礎からわかりやすく学習できるのが特徴です。過去の試験で出題された部分をテーマごとに解説していますので、体系的に理解できます。 出題ポイントの解説や単語の解説が充実しており、1冊で参考書と問題集として利用可能です。 過去に出題された部分が下線付きで紹介されているので、学びながら介護福祉士試験に頻出の部分を覚えられます。

基礎からしっかり学習して試験に備えたい方におすすめの参考書です。

福祉教科書 介護福祉士 完全合格過去&模擬問題集 2024年版

『福祉教科書 介護福祉士 完全合格過去&模擬問題集 2024年版』は、過去8年以上の試験問題を分析して、頻出問題を厳選した問題集です。 本番でどのような問題が出るのかを知りたい方におすすめです。ひと通りの学習を終えた後の力試しに使って、現時点での学力や苦手分野を洗い出しましょう。

福祉系の資格合格率トップクラスの大学で教えている先生が解説しているので、最短距離で試験合格を狙える参考書です。

書いて覚える!介護福祉士国家試験合格ドリル2024

『書いて覚える!介護福祉士国家試験合格ドリル2024』は、問題の種類が多く自分で手を動かしながら覚えられる参考書です。 本番の試験問題では、この参考書で学習したことを思い出しやすくなるように作られています。 たとえば、穴埋め問題や正しいもの同士を線でつなぐ問題などがありますので、視覚的に記憶できるのがメリットです。 参考書に自分で書き込みをしたり、わかりにくい部分にシールを貼ったりなど、自分で工夫して勉強できます。

文字ばかりの参考書では挫折してしまうという方におすすめの参考書です。

介護福祉士国家試験2024 一問一答ポケットブック

『介護福祉士国家試験2024 一問一答ポケットブック』は、一問一答形式でよく出る問題を集めた参考書です。 サイズが小さく、小さなカバンに入れられるので、電車やバスの中でも勉強できます。問題の形式は〇×なので正解した問題と不正解の問題を分けて復習もしやすいのがうれしいポイントです。 全部で900問ありますので、小さいながらも幅広く学習できます。

すきま時間を使ってこまめに学習したい方におすすめの参考書です。

ココトレ 介護福祉士国家試験 法律・制度 模擬問題集2024

『ココトレ 介護福祉士国家試験 法律・制度 模擬問題集2024』は、「法律・制度」に焦点を当てた問題集です。
多くの受験生が苦手とする分野である「法律・制度」を克服したい受験生に最適です。介護に関する法律や制度に不安を感じている方は、この1冊で徹底的な対策をしましょう。

特に法改正は、数年前と現在で数字が変わっていることが多いため、古い知識を覚えていると試験本番で減点される可能性があります。「法律・制度」の部分にしっかり対策したい方は、『ココトレ 介護福祉士国家試験 法律・制度 模擬問題集2024』で学習することをおすすめします。

みんなが欲しかった! 介護福祉士の教科書 2024年度版 [出題基準と過去問を徹底分析!]

『みんなが欲しかった! 介護福祉士の教科書 2024年度版 [出題基準と過去問を徹底分析!]』は、カラーイラストが豊富で、直感的に理解しやすい参考書です。資格勉強は継続が合否を左右するため、読みやすい参考書の選択が重要です。この参考書は初学者でもわかりやすく理解でき、学んだところを例題で確認できるのが利点です。

広範囲な出題領域を視覚的に学べるため、介護試験の全分野にわたって効率的に対策できます。介護試験の問題をイラストで視覚的に理解したい方には、こちらの参考書がおすすめです。

介護福祉士試験参考書選びの基準

介護福祉士試験は参考書選びが大切です。参考書選びの際に重要なポイントは以下の3つです。

  • 「最新年度の参考書を選ぶ」
  • 「1冊の参考書を完璧に学習する」
  • 「インプットとアウトプットができるかどうか」

以下で順番に解説していきます。

最新年度の参考書を選ぶ

最新の年度の参考書を選ぶことは非常に重要です。参考書が古いと、関連法令が現在と異なっている可能性があります。数年前まで正解であった問題でも、現在では不正解になることがあるため、注意が必要です。

特に、ネットショップや古本屋で中古の参考書を購入するのは避けましょう。値段が安いからといって古い参考書を購入すると、法律の変更などに対応できず、過去問も最新のものが含まれていない可能性があります。

参考書を選ぶ際は、最新年度のものを選ぶようにしましょう。

1冊の参考書を完璧に学習する

参考書を選ぶ際のもうひとつの重要なポイントは、1冊の参考書を徹底的に学習することです。複数の参考書を使用して学習すると、どれも中途半端に終わり、学習範囲に偏りが生じる可能性があります。口コミやサンプルを参考にして、自分に合ったと思われる1冊を選ぶことをお勧めします。

1冊を徹底的に学習することで、試験の出題傾向や苦手分野が明確になり、合格に近づくでしょう。参考書を選ぶ際は、

複数の参考書を使って学習するのは効率が悪いため、自分に合った1冊を見つけ、それを重点的に学習しましょう。

インプットとアウトプットができるかどうか

参考書を選ぶ際の3つ目の重要なポイントは、インプットとアウトプットの両方ができる参考書を選ぶことです。試験勉強は、単に情報を得るだけではなく、問題を解きながら理解を確認するアウトプットも重要です。インプットで得た知識をアウトプットで問題解決に活かすことで、自分の実力がより明確になります。

自分の実力を把握することで、効果的に勉強するポイントが見えやすくなります。参考書を選ぶ際には、このインプットとアウトプットの両面を意識して選択すると良いでしょう。

両方の側面をカバーするために、参考書と問題集をそれぞれ購入するのも一つの方法です。

合格率を上げるためにやること

合格率を上げるためには、やみくもに勉強するよりも方向性をしっかりと定めたほうがいいです。以下の点を参考にしながら合格率を上げるためにやることを決めてみてください。

  • 「自分に合った参考書を選ぶ」
  • 「勉強方法を決める」
  • 「過去問を解く」
  • 「苦手分野を洗い出す」

それぞれ順番に解説していきます。

自分に合った参考書を選ぶ

自分に合った参考書を選ぶことは合格への近道です。参考書が自分に合っていないと、途中で勉強がつらくなって挫折してしまうこともあります。 参考書を購入する前に、レビューを見たり商品紹介を読んだりして、自分に合うかどうかを見てから決めましょう。

ネットで買う場合であっても、初めの数ページを試し読みできる参考書が多いので、必ず読んでから買うようにしてください。

参考書との相性が良ければ読んでいてストレスが少ないので、挫折しにくくなります。ぜひ自分に合った参考書を見つけてみてください。

勉強方法を決める

試験対策では、勉強方法によって合否が決まるといってもいいほどです。 参考書は買ったものの、勉強方法がわからずにそのまま放置ということもありますので、勉強方法をしっかり決めておきましょう。勉強方法を事前に決めておくことで、参考書を用意してからすぐに勉強に取りかかることが可能です。

例えば、参考書をぱらぱらと1周読んでみて全体像をつかんでから、2週目でじっくり覚えていくという方法があります。 これまで受験や資格試験の勉強経験が少ない人は、まず動画で勉強方法を調べるのもおすすめです。

自分に合った勉強方法を確立できれば、合格に大きく近づけます。

過去問を解く

過去問を解くことは、試験対策として最も効果的です。 過去問を解くことによって、どのような出題形式なのか、頻出問題がどれかなどがわかります。 過去問を最初に解いて、そこから勉強を始める人もいれば、参考書の1分野ずつ読み終わったら過去問を解く人もいますので、タイミングは決まっていません。

ただし試験本番が近づいたら、過去問を何年分も解いて出題傾向をつかむようにしてください。

本番で混乱しないようにも、それぞれのタイミングで過去問を解いて試験慣れしておくことが大切です。

苦手分野を洗い出す

最後は苦手分野を洗い出すことです。介護福祉士試験は試験科目が11科目群に分かれており、すべての科目において最低1問は正解しなければ不合格になります。 若手分野で1問も正解できなかった場合は、他の問題をすべて正解しても不合格になるので、全体にわたってバランスの取れた勉強をしておく必要があります。

参考書を全分野勉強して、どの分野から出題されても1問は解けるように対策しておくことが大切です。

苦手分野の克服は苦労しますが、わかりやすい参考書を選ぶことで苦手意識を克服できるようにしてみてください。

介護福祉士に合格できる参考書ランキング7選とおすすめの勉強法

介護福祉士試験に合格できる参考書ランキング7選を紹介してきました。以下の7冊になります。

「見て覚える!介護福祉士国試ナビ 2024/いとう総研資格取得支援センター」
「クエスチョン・バンク介護福祉士国家試験問題解説2023ー24」
「福祉教科書 介護福祉士 完全合格過去&模擬問題集 2024年版 」
「書いて覚える!介護福祉士国家試験合格ドリル2024」
「介護福祉士国家試験2024 一問一答ポケットブック」
「ココトレ 介護福祉士国家試験 法律・制度 模擬問題集2024」
「みんなが欲しかった! 介護福祉士の教科書 2024年度版 [出題基準と過去問を徹底分析!]」

介護福祉士試験は、1冊の参考書を何度も繰り返し読み込むことが大切です。参考書を読み終わったら、過去問を解いて現時点での理解度をチェックしましょう。過去問を解くことで、試験の傾向や苦手分野が明確になります。本日紹介した参考書でしっかり対策して、ぜひ本番試験では合格を勝ち取れるよう頑張ってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Iharaのアバター Ihara 運営者

15社以上のオウンドメディア・コンテンツの企画・戦略設計の経験を持つマーケティングアナリスト。大学在籍時に中小企業診断士一次試験突破。ASO・SEOを中心に活動しており、アプリ・インフルエンサーマーケティングにも精通がある。
介護・看護職のための単発バイトメディア「カイテク・メディア」の編集長。
介護・看護職のよりどころ「ケアマガジン」の運営者。

目次